1. >
  2. さっぱり軽い付け心地

さっぱり軽い付け心地

私の姉は思春期の小学校高学年頃からニキビに悩んでいました。

顔面ニキビだらけというほどではなく思春期らしい感じでしたが、本人は相当悩んでいたようです。

それを見て私は早いうちからニキビ対策を行うようになりました。

全くニキビができなかったわけではありませんが、同年代のニキビに悩む女性に比べればましだったと思います。

早いうちにきちんと対策をしておいて良かったと思っています。

しかしそれを強く思うあまり、今でもニキビケア化粧品と聞いただけで飛びつく程の勢いで興味を持ってしまいます。

かといって色々なメーカーに浮気するのも肌に優しくないかなと思うのでぐっと我慢し、今愛用しているニキビケア化粧品は今までで一番長く5年以上使用しています。

生理前になるとときどきニキビができることもありますが、基本的に1日で治ります。

ニキビ肌というわけではないのかもしれませんが、20代後半になっても全く乾燥知らずの肌で、ニキビケア化粧品以外のさっぱり系化粧品でもお昼頃にはテカテカとオイリーな肌をあらわにしてしまいます。

ニキビケア化粧品であれば冬場は一日中テカりません。

このようなさっぱりとした軽い付け心地で安心感のあるニキビケア化粧品が大好きです。

しかし、同年代の女性と比較すると子供っぽい気がして、あまり友人と美容に関するトークはできない点はある意味悩みです。

肌への刺激がなく、ニキビをできにくくしてくれるイメージ

高校生まではあまりニキビが出来る肌質ではなかったのですが、大学に入学してから生活リズムが変わったこともあり出来やすくなってしまいました。そのため始めはどうやってケアをすればいいのか分からず、色々なニキビケア化粧品を使ってみました。その経験から感じたことは、実際にできたニキビを治す用の商品とニキビができにくくする予防用の商品は使い分けたほうがいいと思いました。洗顔や化粧水や美容液は予防用、ジェルやクリームなどを治す用に私は使い分けています。

ページのトップへ戻る